Posts Tagged ‘治療’

その症状、本当に更年期障害ですか?

女性の更年期障害の症状はホットフラッシュや全身のだるさ、痛み、冷えが代表的ですが、不安感や気分の落ち込みなどの精神症状が現れることも多々あります。しかしこの症状が更年期障害とは限らず、うつ病の可能性もあります。どちらも似た症状のため医師でも判断するのが難しいのですが、気持ちが落ち込むなどの症状が2週間以上続く場合は婦人科や心療科などの医療機関を受診しましょう。

更年期はちょうど人生の岐路のような時期です。一番大きな変化として挙げられるのは子どもの自立です。母親として気張っていた時期が終わり、脱力感に襲われる人も少なくありません。この症状は、空の巣症候群などと呼ばれています。また、退職や夫婦関係が変わったり、親を見送ったりする人もいるでしょう。その状況に加えて女性ホルモンのエストロゲンが分泌しなくなるので、うつ病を発症しやすい状態になってしまうのです。これはエストロゲンが脳の神経伝達物質に作用する働きを持っているためです。また、以前にも罹ったことがある人は再発しやすいので注意が必要です。

治療は主に薬物治療で、抗うつ剤療法やホルモン補充療法が行われるのが一般的です。抗うつ剤には気分の落ち込みなどを改善する効果や、ホットフラッシュなどの血管運動障害症状を改善する効果があります。またホルモン補充療法は更年期障害と同じ治療法で、減少するホルモンを補うことで改善に導くものです。家ではイソフラボンが豊富な大豆製品を摂るといいでしょう。イソフラボンが腸内で代謝される成分をエクオールといい、サプリも販売されています。エクオールを作れる人は女性の半数といわれているので、こうした製品で補うのもいいかもしれません。